中絶手術が可能な期間と中絶後の影響について

相談をする

ドクター

東京では30代~40代の女性の中絶を経験したことのある人の割合は3割以上と言われています。女性で妊娠の可能性があるのであれば他人事ではありません。そのため中絶手術ができる産婦人科では、女性の性や妊娠に関する悩みを相談できるカウンセリングも行なっています。
人工中絶の全体的な理由として目立つのが、「子どもを育てる余裕がないから」という理由が多く、育てたくても育てられない方もいます。自分の子に不自由な思いをさせたくない親は多いです。金銭的に余裕があれば、子育てにも余裕ができます。しかし、日々の生活をギリギリで生きているのであれば、トラブルが起きた際に子どもに不自由な思いをさせてしまうかもしれません。そのために子どもを中絶する方が、東京にも多く存在します。その他にも「相手との間で問題が発生する」という理由もあります。相手とトラブルが発生してから妊娠が発覚することは少なくありません。そのため、片親になることが嫌な女性は堕胎を決断することが多いです。また、このような場合、誰にも相談できず、中絶を選んでしまうが方が多いです。誰にも相談できない時は、クリニックで話を聞いてもらい慎重に決めることが大切です。
「仕事や学業も義務をはたせなくなるから」という理由が東京でも目立ちます。学生やOLの方に多いです。今、出産してしまうと自分の将来に関わってしまうため、中絶を選択するようです。このような学生は特に病院に相談しにくいということもありますので、東京のクリニックによっては匿名の相談メールも受け付けています。